まずはお問い合わせください
  1. 受入れ企業において技能実習生受入れ申し込みを決定されましたら、モンゴル・ベトナムにおける送り出し機関に技能実習生の選抜依頼をいたしま す。現地での面接にお立会いいただくことも可能です。

  2. 実習生候補者が決定しましたら、雇用契約の締結を行い、各組織において受入れ準備がスタートします。

    受入れ企業>>登記簿謄本、決算書などの書類提出、宿舎準備等
    日本青伸会>>在留資格申請書類作成と技能実習計画作成等
    海外送り出し機関>>日本語講習、健康診断、パスポート準備等

  3. 日本青伸会で作成された必要書類一式は(財)国際研修協力機構 JITCOにおいて確認された後、法務省入国管理局へ提出されます。書類が審 査され、入国管理局より「在留資格認定証明書」が発行されますと、技能実習生の入国が許可されます。ここまでの手続きに通常6ヶ月ほどかかり ますので、日本青伸会では1年に2回(春と秋)の受入れ企業募集のご案内をしています。

  4. 海外送り出し機関と日本青伸会は連携をとりながら、技能実習生の出国・日本入国を手配します。実習生は日本入国後、提携する教育機関の元で2ヶ月間の講習・日本語研修を終了した後に、各受入れ企業の元へ向かいます。

  5. 受入れ企業の元で技能実習が開始されましたら、日本青伸会より定期的に巡回指導に伺います。また、海外送り出し機関からも定期的に巡回指導に 当たります。


以下は(財)国際研修協力機構 JITCOのハンドブックより抜粋しました。
実習開始後から終了までの流れを表しています。