外国人技能実習制度をサポートする研修事業部の活動

現地送り出し機関(モンゴル・ベトナム)との連携活動
現 地送り出し機関は、意欲あふれる人材、受入れ企業のニーズとバックグラウンドの合う人材を募集し、厳しい選考基準を用いて、研修事業部と連携を取りながら 研修候補生の育成にあたっています。現地での日本語学習には、定期的に専門の日本語講師を派遣し、より実践的な日本語プログラムを作り、言葉の壁を取り除 けるよう努力しています。
受入れ企業を同伴した現地での面接サポート
現地での研修生選考面接に同伴を希望する受入れ企業には、現地送り出し機関と連携して面接プログラムをご用意して、ご案内しています。
日本語研修・講習
研修生が、より円滑に現場に溶け込むことができるよう、日本で日常生活をする上での必要な基礎知識、生活・仕 事のマナー教育、そして受入れ企業の職種に応じた現場で使うことになる専門用語までを 含めた、実践的な日本語教育を行っております。入国して配属される前の1ヶ月間、都内において合宿しながら、社会見学などのアクティビティも含めた、内容 の充実した集合研修として好評を得ています。
定期訪問サポート・電話サポート
各受入れ企業には、月に一度の定期訪問を行い担当者様からお話を伺い、何か問題があるか、ある場合は迅速に対処できるように活動しています。 企業 訪問時には、昼休みなどの時間を利用して実習生とも個別に面談し、日々の生活で困っていることはないか、日本語習得の様子はどうかなど、きめ細かな サポートを行っています。なお、モンゴル語、ベトナム語の堪能な人材を確保しているため、研修・実習生たちはいつでも気軽に母国語でもコミュニケーション が取れるように、電話でのサポートも受け付けています。
各種申請代行
研修生は日本滞在中の病気や怪我に備えて、保険加入を義務付けられており、その申し込み、保険申請、立替払い等を代行しています。また、各受 入れ企業へ派遣された後、管轄市町村への外国人登録も研修生に同行してサポートしています。