公益社団法人 日本青神会

文字サイズの変更

TEL/FAX 03-3261-8565

理事長挨拶

理事長

  本会の前身は、昭和17年に結成された大日本青少年団神宮御萱地造成奉仕隊です。
  三重県度会郡に用意された約100㏊の山林に延べ5万余名の男女隊員が挑み、1年3ヶ月で開墾から植栽までを艱難辛苦を超えて完成さました。この時培われた「奉仕・友愛・責任・忍耐・進取」の精神を御萱地精神として後世に伝えようと有志が集まり「屋船会」が結成されましたが、敗戦で中断されました。
  復員した有志が集い御萱地精神を涵養し、次代を担う健全な青少年の育成を目的に「青伸会」へと発展改称されました。

  昨今のいじめや学級崩壊など青少年に関する諸問題を目の当たりにするに付け、一番必要なものは、情操教育であると確信し、「日本人の心のふる里として親しまれている伊勢神宮」に隣接する地に「ひもろぎの里」を開き、そこを中心に春は植樹祭、夏にはユースキャンプ、初冬には山の神祭、また、年末年始には神宮庭燎奉仕と、活動を展開してまいりました。
  昭和51年文部省より社団法人の認可を受け「社団法人日本青伸会」に、また、平成24年公益法人改革で内閣府より「公益社団法人」の認定を受け「公益社団法人日本青伸会」となり奉仕を通して自己啓発に努め社会貢献に尽くしています。
  近隣諸国との平和共存の第一歩として、物づくりニッポンの優れた技術をアジア諸国の有能な青年に習得させるため、JITCO(公益財団法人国際研修機構)の指導に基づき日本企業に招聘し、その支援をする事業を行っています。
  青少年健全育成、近隣諸国との平和共存に会員の方々のご協力を得て役職員ともども新たなるステージへ挑戦して行く決意です。何卒引き続きご指導、ご支援承りますようお願い申し上げます。

理事長 鈴木

日本青伸会 事業紹介
植樹会
ユースキャンプ
山の神祭
庭燎奉仕
 
日本青神会 年間スケジュール
イベント
イベント
イベント
イベント